• Top
  • Feature
  • 【短期連載 第1回】話題の番組『The Wine Show−…
2019.03.28
feature

【短期連載 第1回】話題の番組『The Wine Show−極上のワインに魅せられて−』出演のワインエキスパート、ジョー・ファットリーニにインタビュー!

番組放映開始直後から、ワインラヴァーの間で話題になっているワイン番組『The Wine Show』。Winart WEBでは、この番組の魅力を短期連載でご紹介していきます。初回は、番組のキーマンとなるジョー・ファットリーニさんのインタビューをお届け。

  • facebook
  • twitter
  • line

英国発ワインバラエティ番組『The Wine Show』。人気俳優のマシュー・リースとマシュー・グードが世界のワイン産地を旅し、軽やかなジョークを交えながら楽しくワインの基礎やトレンドを紹介する番組は、世界107カ国で放映され、のべ2億5000万人が観たメガヒットとなっているそう。ふたりの俳優とともに番組に登場し、キーパーソンとなっているワインエキスパートのジョー・ファットリーニ(写真右から2人目、以下JF)にインタビューしました!

——なぜ番組に参加することになったのですか?

JF「断ることなんかできないよ! 番組のプロデューサーからTwitterを通じて連絡があったんだけど、最初は冗談だと思ったね。だって、素敵な場所を旅して、魅力的な人々と出会って、おいしいワインを飲んで、を世界中で放映されるテレビ番組でできるなんて、叶うはずないだろう? そう思ってたら、すぐにプロデューサーに会うことになって、すぐにフランスに10日間の取材旅行に出かけたんだ。かなりスピーディな展開だったよ」。

——番組の中でのあなたの役割は?

JF「司会として、ふたりのマシューをコントロールすることさ(笑)。番組の制作チームには加わってないけど、内容についてはスタッフとよく話すよ。優秀な制作チームでね。ベストなアイデアは、いつもチームでワインを飲みながら思いつくんだ」。

——ワインに関する知識をたくさん織り交ぜつつも、楽しいエンターテインメント番組になっていますね。ターゲットにしている視聴者はどんな層ですか?

JF「とくにワイン好きにターゲットを合わせているわけではないんだ。“超”のつくワインファンは除いてね。ディレクターのひとりが奥さんに番組を見せたんだ。彼女はワインをまったく飲まないんだけど、番組をすごく好きになってくれた。それで、自分たちの番組作りは正しいんだって思えたよ。ワインを飲まないアラビアの王子様も、ファンだと言ってくれてる。ワインを知っているひとでも、初心者でも、みんなが楽しめる番組を作っているつもりだよ」。

番組収録ではジョージアにも訪問。クヴェヴリからのワンショット!

——イギリスではこのようなワイン番組は多いんですか? ほかの番組との違いは?

JF「そんなに多くないんだよ。偉大なワイン番組もあったけど、そういう番組は少し現実とギャップがあるように思えたのが、いまの番組を作るきっかけになってる。うちの番組がほかと違うのは、ワインにとどまらず、もっと大きく、豊かなストーリーを人生というもの全般において語ろうとしていることさ。すべての世代の人に、ワインに対する愛を伝えようとしているよ」。

——シーズン1の第1話のテーマのひとつとして、南アフリカの甘口ワイン「ヴァン・ド・コンスタンス」を選んでいますが、どうしてこのワインをチョイスしたのですか?

JF「なぜかって、そこに素晴らしいストーリーがあるからさ。思い出深いエピソードだね。南アフリカにそんなに長いワイン造りの歴史があるなんて、ちょっと驚きだったし、ワインそのものも世界的に見ても偉大といえる。甘口ワインはみんなが好きなものだし、南アフリカの歴史、そしてアパルトヘイト、ワインの生産地は魅力的な話で人々の琴線に触れるものだった。番組が終わった後には、みんな(番組で取り上げた)ヴァン・ド・コンスタンスのワインを買いに行ったはず。番組を見ているひとがエピソードを気に入ってくれたなら、それがいちばんだね」。

——番組ではワイン造りのテクニカルな面も紹介していますが、それらを番組で取り上げる意図は?

JF「ふつうはワインスクールで授業を受けたり、ワインビジネスに携わっている場合に学ぶんだろうけど、ワイン造りは魅力的なプロセスだよね。そして、同時に複雑で、少しミステリアスなところもある。そのシークエンスにも気を遣いたかったんだ。ただし、学校で勉強している感じではなくね。つまり、造り手が納得できるワインを生み出すために、醸造所や畑でどれだけ長い時間をかけているかを見せたいんだ」。

——TwitterやInstagramなどSNSを活用されていますが、視聴者から意見をもらったり、それを反映したりしますか?

JF「僕らのTwitter(番組アカウント:@WineShowTV、ジョーさんアカウント:@joefattorini)やInstagram(番組アカウント:@wineshowtv、ジョーさんアカウント:@joefattorini)を見ていてくれてありがとう! イギリスやアメリカ、日本など世界中の視聴者がくれる意見はとても大事だから、番組作りに反映しているよ。それに、みんながワインに関するストーリーや飲んでいるワインを教えてくれるのも楽しいんだ」。

——参考にしている文献や番組、映画などはありますか?

JF「日本の『神の雫』は、番組のアイデア材料のひとつだよ。素晴らしい漫画だし、日本の人々のワインに対するマニアックぶりがわかる。あと、僕たちは映画『サイドウェイ』の大ファンなんだ。『世界一美しいボルドーの秘密』『すっぱいブドウ』なんかのドキュメンタリーもたくさん観ているよ。本はもちろん、訪れる土地に関するものをできる限り多く読むようにしてる。だから、取材に行くときにはその土地のエキスパートになってるんだ」。

——この番組を通じて伝えたいことは何ですか?

JF「ワインは世界を映し出し、それを通して学ぶことができるレンズでありプリズムだと思ってる。8000年もの間、造り、飲まれてきたワインには数えきれないほどのストーリーがあって、それらは私たち自身や生きている場所について多くのことを教えてくれる。ワインのもつそんな魅力を、感じ取ってくれるといいね」。

共演者のマシュー・グード(右)とマシュー・リース(左)。

——共演するマシュー・グードとマシュー・リースはどんな人ですか?

JF「見たまんまのヤツらだよ。最高に愉快で素敵な友達さ。ワインを奥深くは知らないけど、ワインの魅力にハマってる。僕とはワインについてよく話し合うから内容をよく覚えていて、それが収録のときの会話にも生かされてる。じつはふたりとも、あまり酒に強くないんだ。番組では『ワインを吐き出さない』というルールにしている(誰もワインを吐くシーンなんか見たくないからね)ので、一日中飲んでないといけないのが大変。収録を進めていくと、酔ってセリフを忘れたりするから、サンドイッチと強いコーヒーを飲む休憩を入れなくてはいけないんだ。彼らには僕は『呑んべえのスーパーマン』だと思われてる(笑)」。

——いま注目しているワイン産地を教えてください。

JF「南アフリカはとてもエキサイティングな産地だし、個人的にはポルトガルが大好き。規模からいえばワイン業界を世界的に変えようとしているのは中国だと思うね。日本のようにその土地を反映したおいしいワインを造る産地も魅力的。日本ワインには特徴的な部分があって、ほかの国のワインと違いが明確な点で、日本も注目すべき産地だね」。

——シーズン2では日本の酒蔵を訪問しているそうですが、日本のワイナリーには行かれましたか?

JF「残念ながらワイナリーには行けなかったけど、日本ワインはたくさん飲んだよ。僕は甲州の大ファン。甲州はすでに、日本ワインを世界的にアピールするための品種になってるね。世界レベルの赤ワインも、ロンドンの試飲会で飲んだ。日本ワインの何が特別かというと、とても「日本的」だから。僕は谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』が愛読書なんだけど、『間』の概念が西洋のワインにはたまに欠如している。味わいは豊富で密度も濃いけれど、甲州には美とエレガンスに対する『間』が感じられるんだ。この考え方は理解するのに時間がかかるけど、甲州を本当に味わうには日本のことを理解することが必要だと思う。それがワインというものさ。西洋で甲州に似ているのはスイスの山岳地帯のワインかな」。

普段はワイン商として働いているというファットリーニさん。30年前にソムリエとしてキャリアをスタートし、14年前からワインジャーナリストとしての活動を開始。ワインショップや海外への輸出業を経て、現在は1698年創業のロンドン最古のワイン商であるベリー・ブラザーズ&ラッドのチームの一員として、ロンドンのレストランやホテルにワインを販売しているそうです。

オビ・ワイン・ケノビを自称しているのは、小さい頃に映画『スター・ウォーズ』シリーズでオビ=ワン・ケノビを演じたアレック・ギネスに会ったことから。「ワインの化身になっているのは名誉なことだよ」とのこと。

JF「日本のみなさんにも『The Wine Show−極上のワインに魅せられて−』を好きになってほしいな。だって、僕たちも日本が大好きだから。あと、みなさんの飲んでるワインを教えてほしい。SNSに #showusyourbottles のハッシュタグを付けて投稿して。そして、あなたのワインについてのストーリーを教えてほしい。また日本に行くよ、カンパイ!」。

【番組情報】
〈放送スケジュール〉
シーズン 1(全13回)
毎週土曜7:00~ 放送中 
シーズン 2(全7回)
2019年4月13日スタート
毎週土曜10:00〜

〈キャスト〉
マシュー・グード(声:諏訪部順一)
マシュー・リース(声:三木眞一郎)
ジョー・ファットリーニ(声:森川智之)
ジェームズ・ピュアフォイ(声:東地宏樹)
〈日本語版監修〉
大越基裕

番組公式サイト
wowow.bs/wine
番組で紹介されたワインが買えるサイト「ワイン定期便」
https://wowshop.jp/thewineshow/

Translation & Text : Eriko Yoshida

(c) The Wine Show Ltd.

※次回、第2回連載記事は4月下旬に配信予定。お楽しみに!

RELATED